メチャツイ開発秘話 第1回 メチャツイ誕生まで

Twitter自動投稿ツール「メチャツイ」の開発秘話 第1回はメチャツイ誕生の経緯をざっくりとご紹介します。

始まりは社内ツール

元々メチャツイは自社の商品をTwitterで宣伝するために考えられたツールでした。

宣伝の媒体としてTwitterを利用する場合、定期的に似た内容のツイートを繰り返す必要があり、これってツールで自動化できるのでは?というのが開発のきっかけとなります。

ただし、決まった時間に決まった内容を投稿するだけでは、世の中に数ある自動投稿ツールで十分といえます。

なので、あたかも人がツイートしているような自動投稿ができるようにするのがツールの目標でした。

 

このツールを必要としている人が一定数いるはず

メチャツイ試作版が完成し、実際に運用する段階にきました。

はじめに投稿内容候補と投稿時間帯を必要な分入力し、あとは予定作成期間を入力すれば、ツイート予定が作成されるというシンプルなものです。

このツールによりTwitter担当者の作業は1週間に一回、投稿内容の編集と予約の確認をするだけでよくなりました。

この頃に、メチャツイを一般ユーザー向けに提供したらどうか、という話が立ち上がってきました。

世の中には、うちの会社のように、Twitterの広告活動を普段の仕事と兼任している人も多いはず。

そういった人達をターゲットにこのツールを提供していこうというわけです。

 

社内ツールを一般の人が使える様に再開発!

メチャツイ試作版は社内で使えればよかったので、ユーザーインターフェースもラベルと入力欄だけの最低限で、予定実行するためにクライアントPCは24時間起動しっぱなし、データはローカルに保存する、といった本当に最低限のものでした。

これを一般向けに公開するために、Webサービスとして開発しなおすことになりました。

クラウド上のサーバーとデータベースで全ユーザーの投稿予定を24時間処理できるようにし、クライアントは、使いやすいスケジュール画面を実現するため、Windowsアプリケーションとして開発しました。

このあたりの開発秘話を次回から何回かに分けてまとめて行きたいと思います。

 

今回は以上となります。

 

興味を持った方はぜひメチャツイをお試しください

メチャツイは1週間フル機能が使える試用コースと、機能制限ありですが無期限に使える無料コースを用意しております。

興味を持った方はぜひともお試しください。

メチャツイ紹介ページ


タグ一覧: メチャツイ, メチャツイ開発秘話

関連記事